【オンライン】透析看護の基礎 ~患者の心を理解し、セルフケア支援を考える~

透析患者さんの看護を行う中で、対応に困る事例や、言っても生活様式を変えるように指導してもなかなか変えてくれない、患者さんが抱える透析に対する葛藤にどう支援すれば良いかわからないなど、様々な支援に対して、日々頭を悩ませているのではないでしょうか。
透析の基礎から学び、透析中のトラブル、透析患者さんの心理状態などを理解し、セルフケア能力向上の支援や、意思決定の支援、困難事例への対応など透析患者さんに対する看護について事例を交えながら学ぶための研修会です。

研修目標
1.透析の基礎から学び、透析中のトラブルへの対応・観察ポイントを理解し、対応できるようになる。
2.透析患者の心理状態を理解し、セルフケア能力向上の支援や、意思決定の支援など透析患者に対する看護について理解する。

※応募締切を延長しました。(令和2年7月21日更新)
 (旧)令和2年9月3日 → (新)令和2年9月7日


【予約通知メールに関して】
※予約完了時に「予約通知メール」をお送りさせて頂いております。
※もし予約通知メールが届かない場合には、以下の内容をご確認ください。
・一部携帯メールアドレスや、フリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。その場合には、ドメイン指定で「@coubic.com」 から受信するように受信許可設定していただくようお願い申し上げます。
・ご登録内容の誤りがないか、ご確認ください。https://coubic.com/よりログイン頂き、ご登録内容のご確認をお願いします。その他、ご不明点等ございましたら、info@caring.co.jpまでお問い合わせください。


※こちらのセミナーは、会場での開催も行っております。ご希望の方は、下記よりお申込みください。

開催日 2020年9月10日(木)
PM 1:00~PM 4:45
会場 弊社WEB上
会場住所
応募締切 2020年9月10日(木)
参加費 ¥8,000(税込)

セミナープログラム

13:00 講師紹介
13:10 透析患者の身体と心を理解する
14:00 休憩
14:10 透析患者の身体と心を理解する
15:00 休憩
15:10 各病期の看護を考える(導入期)
15:55 休憩
16:00 各病期の看護を考える(保存期から維持期)
16:45 研修終了

講師プロフィール

片山 満代

所属:学校法人 杏林学園 杏林大学医学部付属病院

資格:透析看護認定看護師/慢性腎臓病療養指導看護師

経歴:

1994年 社団全人会 多摩川総合病院 心臓血管外科病棟入職
1998年 杏林大学医学部付属病院   形成外科外来入職
2000年 杏林大学医学部付属病院   ICU所属
2002年 杏林大学医学部付属病院   腎・透析センター所属
2009年 慢性腎臓病療養指導看護師  取得
2015年 透析看護認定看護師     取得


講師より

 

参加者に伝えていきたいこと「安全・安楽な透析療法を提供できる事と、慢性疾患の過程を理解し、患者さんが望む生活を支援していく事の、2つの視点が大切」

患者さんとどのように関わればいいか、日ごろ抱えている悩みがあるかと思います。患者さんを理解するには、保存期から患者さんの体と心がどのように変化していくのか知る事が大切な事なので、皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。

自分が現場で関わる病期の患者さんだけを捉えるのではなく、慢性期の一人の患者さん、生活者として考える視点も大切です。普段自分が関わることのない病期の人についても知ってほしいですね。その中で自分は今どのステージの患者さんと関わっているのだなという視点を持ってもらいたいと考えています。

透析を始めると精神的に不安定になって、医療者にあたったりする人も出てきますが、それを嫌な患者さんと捉えるだけではなく、何故そのようになったのか考える事が大切です。精神的な変化もあるでしょうし、生活様式が変わってしまう方もいらっしゃいます。食事や生活には気を付けていたのに何故、透析になってしまったのかと受容できない方もいます。そういったやるせない気持ち、心を理解する上では、患者さんがどうやって生きてこられたか、理解していくことが大切だと考えています。

そういった部分を参加者の方々と一緒に、普段業務する中での悩みや葛藤、困難事例などを出しながら考え、学んでいってほしいと思っています。基礎的な知識も重要だと思いますが、業務にも慣れてきたらそういった視点も必要なんだよということも伝えていきたいですね。

 

相談を受けるようになってきて、頼りにされているという実感が持てると楽しみにもなってくる

患者さんと関わる上で大事にしていることは、患者さん自身が幸せだと思えるような、生活を送れるようにサポートしていく事です。自分の人生を生きてほしい、自分が主役なんだという事を患者さん自身に感じてもらえたらいいなと思っています。食事・水分制限など医療者側から言われたからやるのではなく、どうしたら透析を組み込んだ生活がうまくいくようになるか、患者さん自身が考えられるよう自律の心を育てたいですね。それが行動変容に繋がっていくのではないかと思います。

あとは、こちらも患者さんに興味を持って接し、患者さんのことを知りたいと思うことが大切だと思っています。関係性を築くには時間はかかりますが、良好な信頼関係ができると患者さんが深い悩みを伝えてくれるようになります。「自分の検査値どう?」とか「医師にこう言われたんだけどどう思う?」とか相談を受けるようになってきて、頼りにされているという実感が持てると楽しみにもなってきます。


 

応募は締め切りました。