【オンライン】知っておきたい、熱傷患者の看護ケア~今日、あなたにできることがある!!~ (9/8開催)

熱傷は、皮膚の治療だけではなく、感染管理、循環、リハビリ、患者さんの精神状態等、多くのことを考えながら看護ケアを考える必要があります。そのため、熱傷看護に関して苦手意識を持たれる方も多いことと思います。今回のセミナーでは、熱傷の病態生理から学び、初期治療や集中治療管理、社会復帰までの介入のポイントに関して、解説していきます。

研修目標
1.熱傷の病態生理を理解することができる
2.各病期における介入のポイントに関して理解することができる

__________________________________________________
▶注意事項(必ずお読みのうえ、お申込みください)
【予約通知メールに関して】
※予約完了時に「予約通知メール」をお送りさせて頂いております。
※もし予約通知メールが届かない場合には、以下の内容をご確認ください。
・一部携帯メールアドレスや、フリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。その場合には、ドメイン指定で「info@caring.co.jp」及び「@coubic.com」 から受信するように受信許可設定していただくようお願い申し上げます。
・予約通知メールが届かない場合は、ご登録内容の誤りがないかも、ご確認ください。https://coubic.com/よりログイン頂き、ご登録内容のご確認をお願いします。その他、ご不明点等ございましたら、info@caring.co.jpまでお問い合わせください。

【オンラインセミナーについて】
※ZOOMを使用しての配信となりますので、ご参加には、インターネット環境のご用意を必要となります。また、ブラウザ上での参加も可能ですが、画質・音質の向上のため、ZOOMのアプリをダウンロード頂き、ご参加されることをお勧めします。
※講師へのリアルタイムでのチャット形式のご質問を頂くことが可能です。(時間の都合上、全てのご質問に回答することが出来ないことがございますので、予めご了承ください。)

【2週間の見逃し配信について】
※お申込み頂いた方には、研修会終了後、開催日の20時頃までに、講義内容を動画でご視聴いただくことが出来るURLをご登録頂きましたメールアドレスの方へお送りさせて頂きます。(視聴期間内は何度でもご視聴可能です)

【領収書・受講修了証について】
※領収書及び受講修了証をご希望される方は、お申込みの際にお申込みページの『アンケ―ト欄』にご記載ください。振込によるお申込みの際は、『口座振り込みによるお申込み』フォームに必要事項をご記載の上お申込みください。お申込み頂きました方には、セミナー終了後にご登録頂きましたメールアドレスにお送りさせて頂きます。

【資料に関して】
※資料はご登録頂きましたメールアドレスの方へ開催日3日前にPDFにてダウンロード頂けるURLをお送りさせて頂きます。
※資料の郵送をご希望の方は、当ページの予約ボタンを押した後に表示されます、予約サイト下部にある『口座振り込みによるお申込み』よりお申込み頂くか、予約システムCoubic(https://coubic.com/caring/booking_pages)にあります、ご希望のセミナーの『資料付』のセミナーページよりご予約ください。
尚、資料郵送の締め切りは開催日5営業日前となっております。それ以降のお申込みの場合、資料が開催日当日までにお手元に届かないことがございます。予めご了承ください。

開催日 2022年9月8日(木)
PM 1:00~PM 4:45
会場 弊社Web上
会場住所
応募締切 2022年9月8日(木)
参加費 ¥8,000(税込)

セミナープログラム

13:00 講師紹介
熱傷 病態生理
熱傷 軽傷 救急外来での対応、予防
熱傷 重症集中ケアの実際
熱傷 精神面・リハビリ・社会復帰までの実際
16:00 研修終了

講師プロフィール

高橋 従子
所属:国立病院機構 関門医療センター
資格:クリティカルケア認定看護師

略歴

1997年 広島大学医学部歯学部付属病院 外科病棟 入職
2003年 山口大学医学部付属病院 先進救急医療センター 転属
2007年 日本看護協会 救急看護認定看護師 取得
2016年 国立病院機構 関門医療センター 救命センター 入職
2018年 ICU 転属
2018年 日本看護協会 特定行為看護師 救急・集中治療領域研修修了

講師より

思い返せば、看護学生で初めての受け持ち患者さんが熱傷を顔面におった女性でした。そのころは患者さんの心理的変化にどのように看護すればよいかなんてわからず、ただお話しを聞いてもどかし自分をふと、セミナーをお受けした後に思い出しました。
その後も、高度救命センターでの自殺企図による焼身で全身重度熱傷の若い女性、ポットの熱湯をかぶった赤ちゃん、自宅で熱傷をおった後そのままにして自宅で老老介護の末、搬送されてから間もなく亡くなった事例。少ない症例ではあるけど、心に残りやすい疾患なのだと看護師として振り返ります。
熱傷患者に看護としてできることは無限大。看護が重要な役割を持ちます。一緒に学び明日への看護実践を燃やしましょう!!