【会場開催】幼稚園・保育園で働くナース・先生向け、小児ホームケア講座(6/30開催)

子どもの病気の早期発見が出来れば、状態の悪化防止や、保護者の方との情報共有、他の子どもへの影響を最小限にできるなど沢山のメリットが得られるかと思います。「いつもと違う…」「何か変…」という気づきから、根拠のあるケア・対応ができるためのポイントについて解説していきます。幼稚園・保育園で働くナース・先生に是非聞いてほしい内容となっています。

研修目標
1.幼稚園・保育園で出くわす症状の対応を理解することができる。
2.登園届、出席停止などの書類に関して理解することができる。

__________________________________________________
▶注意事項(必ずお読みのうえ、お申込みください)
【予約通知メールに関して】
※予約完了時に「予約通知メール」をお送りさせて頂いております。
※もし予約通知メールが届かない場合には、以下の内容をご確認ください。
・一部携帯メールアドレスや、フリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。その場合には、ドメイン指定で「info@caring.co.jp」及び「@coubic.com」 から受信するように受信許可設定していただくようお願い申し上げます。
・予約通知メールが届かない場合は、ご登録内容の誤りがないかも、ご確認ください。https://coubic.com/よりログイン頂き、ご登録内容のご確認をお願いします。その他、ご不明点等ございましたら、info@caring.co.jpまでお問い合わせください。

【会場・オンライン同時開催】
こちらのセミナーは、会場開催の他に、オンラインでの同時開催も行っております。ご自宅などお好きな場所から参加いただくことが出来ます。

【オンラインセミナーについて】
※ZOOMを使用しての配信となりますので、ご参加には、インターネット環境のご用意を必要となります。また、ブラウザ上での参加も可能ですが、画質・音質の向上のため、ZOOMのアプリをダウンロード頂き、ご参加されることをお勧めします。
※講師へのリアルタイムでのチャット形式のご質問を頂くことが可能です。(時間の都合上、全てのご質問に回答することが出来ないことがございますので、予めご了承ください。)

【2週間の見逃し配信について】
※お申込み頂いた方には、研修会終了後、開催日の20時頃までに、講義内容を動画でご視聴いただくことが出来るURLをご登録頂きましたメールアドレスの方へお送りさせて頂きます。(視聴期間内は何度でもご視聴可能です)

【領収書・受講修了証について】
※領収書及び受講修了証をご希望される方は、お申込みの際にお申込みページの『アンケ―ト欄』にご記載ください。振込によるお申込みの際は、『口座振り込みによるお申込み』フォームに必要事項をご記載の上お申込みください。お申込み頂きました方には、セミナー終了後にご登録頂きましたメールアドレスにお送りさせて頂きます。

【資料に関して】
※資料はご登録頂きましたメールアドレスの方へ開催日3日前にPDFにてダウンロード頂けるURLをお送りさせて頂きます。
※資料の郵送をご希望の方は、当ページの予約ボタンを押した後に表示されます、予約サイト下部にある『口座振り込みによるお申込み』よりお申込み頂くか、予約システムCoubic(https://coubic.com/caring/booking_pages)にあります、ご希望のセミナーの『資料付』のセミナーページよりご予約ください。
尚、資料郵送の締め切りは開催日5営業日前となっております。それ以降のお申込みの場合、資料が開催日当日までにお手元に届かないことがございます。予めご了承ください。

開催日 2022年6月30日(木)
PM 1:00~PM 4:45
会場 ふれあい貸会議室 渋谷No28
会場住所 東京都渋谷区渋谷2丁目22-7渋谷新生ビル703号室
応募締切 2022年6月29日(水)
参加費 ¥8,000(税込)

セミナープログラム

13:00 講師紹介
食物アレルギーとスキンケアの重要性
症状別対応(発熱・痙攣・嘔吐下痢・危険な咳)
事故防止と対処法、感染対策どこまでやる?
登園届、出席停止など、病院からの書類の見方
16:45 研修終了

講師プロフィール

滝吉 奈緒美

資格:正看護師/Medic First aid/Heatsaver CPR AED/応急手当普及要員救急看護学会ファーストエイド取得

略歴

2006年 東京医科大学看護専門学校卒
・大学病院、総合病院、小児科クリニックを経て、現在テーマパーク企業看護時間帯責任者
・小児科クリニック新規立ち上げサポート
・行政や企業にて、保護者向けに「育児書に載っていないホームケア講座」の講演を実施
・幼稚園や保育園の先生向けの医療安全講座の実施

講師より

核家族化や共働き世代、シングル世代が多く、両親より一緒にいる時間が長い保育者の観察がとても重要であり、「いつもと違う、何か変」と気づくことが子供の病気の早期発見に繋がります。また朝や帰りの急いでいる時間だからこそ、保護者との情報共有が重要です。また保育者は同じ病気でも症状の出るタイミングは一人一人違うことを理解した上で、基礎知識を身につけていることで、保育時間をより安全なものにすることが来ます。今は保護者の知識が豊富なこともあり、最新のホームケアを身につけることで保護者との信頼関係も築けます。
今回は病気やケガ、厚生労働省のマニュアルやガイドラインに沿って、重要なポイントをお話しします。そこから根拠のあるケアを行っていければと思います。