10月11日 看護師カレンダークイズ 解答

 
クイズ内容 医療用麻薬はいつから使用されているか?
解答 紀元前1世紀頃
解説  

医療用麻薬の原料となるケシの栽培は、実に5000年以上も昔の遺跡から栽培された種が見つかっている。さらに、紀元前1世紀頃には当時のローマ帝国で医薬品として使われた記録もあると言われている。中国の有名な歴史書である三国志にも、手術用の麻酔薬として使われた記録がある。

1803年、薬剤師フリードリヒ・W・A・ゼルチュルナーが、アヘンからモルヒネを純粋分離することに成功する。

純粋に有効成分を取り出せたことと、19世紀半ばに注射筒・注射針が相次いで開発されたことで、正確に量を計測して効果的に使用することが可能となり、モルヒネの医薬としての可能性は飛躍的に高まる。

しかし、モルヒネの作用メカニズムが分子レベルで解明されるのは、生化学が発展したずっと後の1970~80年代にかけてである。

まずモルヒネに特異的に結合する受容体が脳内で発見され、次にこの受容体に結合する物質(=内因性モルヒネ様物質)が体内に存在することがわかる。

その代表的なものがエンドルフィンで、鎮痛作用があり、外傷やストレスを受けたときに分泌され、苦痛を緩和すると考えられている。

モルヒネはエンドルフィンによく似た構造をしており、受容体に結合して深い快感と多幸感を与えるとともに、鎮痛・鎮静作用を発揮するという作用機序が判明した。

 

 

関連セミナーはこちら

 

 

クイズの執筆・監修について

執筆・監修に関してはこちら

 

 

 


 

CaringのSNS公式アカウントで、研修会や医療に関わるNewsなどの情報を公開中。