7月20日 看護師カレンダークイズ 解答

 
クイズ内容 キサンチン誘導体に含まれるものは何か?
解答 カフェインやパラキサンチン、テオフィリン、テオブロミン
解説
キサンチン誘導体はコーヒーや茶のなかに含まれる。

薬理作用としては中枢興奮作用、骨格筋興奮作用 (カフェイン>テオフィリン>テオブロミンの順で強い) 、平滑筋弛緩作用、心筋興奮作用、利尿作用 (テオフィリン>テオブロミン>カフェイン) がある。

これらは水に不溶なので、可溶化させた製剤としてカフェインと安息香酸ナトリウムを化合させた安息香酸ナトリウムカフェイン、テオフィリンに溶解補助剤としてエチレンジアミンを加えたアミノフィリンがある。

 

関連セミナーはこちら

 

 

クイズの執筆・監修について

執筆・監修に関してはこちら

 

 

 


 

CaringのSNS公式アカウントで、研修会や医療に関わるNewsなどの情報を公開中。