7月17日 看護師カレンダークイズ 解答

 
クイズ内容
好中球(顆粒球)が著しく減ってしまい、細菌に対する抵抗力が弱くなった状態のことを何というか?
 
解答 無顆粒球症
解説
甲状腺機能亢進症の治療に用いる抗甲状腺薬、心筋梗塞など虚血性心疾患の治療の後に血栓ができるのを予防するために用いられるチクロピジン、炎症性腸疾患や関節リウマチの治療に用いられるサラゾスルファピリジン、その他消化性潰瘍治療薬、解熱消炎鎮痛薬、抗不整脈薬などの医薬品の服用によりみられることがある無顆粒球症になると体内に入った細菌を殺すことができなくなるため、かぜのような症状として「突然の高熱」、「のどの痛み」などの感染に伴う症状がみられる

この副作用は、特に高齢の女性や腎臓の働きが低下している方に起こる割合が高いと言われている。

無顆粒球症は、原因となる医薬品の服用開始後 2~3 ヵ月以内に発症することが多い。

 

 

関連セミナーはこちら

 

 

クイズの執筆・監修について

執筆・監修に関してはこちら

 

 

 


 

CaringのSNS公式アカウントで、研修会や医療に関わるNewsなどの情報を公開中。