6月11日 看護師カレンダークイズ 解答

 
クイズ内容 GI療法の適応は何か
解答 高カリウム血症
解説 グルコースは糖の一種であり、体内の細胞の活動に必要なエネルギー源の一つである。インスリンは膵臓から分泌されるホルモンで、血液中のグルコースを細胞内に取り込むことで血糖値を下げる効果を発揮する。

細胞内にグルコースを取り込む時に、カリウムも同時に細胞内に取り込むことがわかっており、このことを応用したのがグルコース・インスリン療法である。

グルコースはインスリン投与により血糖値が下がるのを防ぐために、同時に投与される。

グルコース・インスリン療法は非常に効果が早く現れ、数分から数十分程度でカリウム値の改善が見込める。

そのため、高カリウム血症で不整脈を起こす危険性がある場合など緊急でカリウムを下げなければいけない時に行われる治療になる。

ただし、細胞内に取り込めるカリウムの量には限界があるため、陽イオン交換樹脂製剤などカリウムを体外排泄する治療を同時に行うことが多い。

GI療法ではインスリンの作用により低血糖を起こす可能性があるため、定期的に血糖値も確認する。

 

関連セミナーはこちら

 

 

クイズの執筆・監修について

執筆・監修に関してはこちら

 

 

 


 

CaringのSNS公式アカウントで、研修会や医療に関わるNewsなどの情報を公開中。