6月7日 看護師カレンダークイズ 解答

 
クイズ内容 SBARとは何か?
解答
Situation, Background, Assessment, Recommendationの頭文字。迅速かつ適切なコミュニケーションを促進するための技法
 
解説
・状況(Situation)「今何が起こっているか」・背景(Background)「どのような事情がこの状況をもたらしたのか」

・アセスメント(Assessment)「問題は何であるか」

・提案(Recommendation)「問題の修正のために、どうしたらよいと思うか」

当初SBARは、軍によって特に原子力潜水艦のために開発された。次に航空業界で使用され、それから医療においても同様のモデルが採用された。2002年にはカイザーパーマネンテが、医療安全の技法として迅速対応チーム(RRT)に導入した。目的は、医療専門家間のコミュニケーションスタイルの違いに起因するコミュニケーションの問題を軽減することであった。それからSBARは、他の多くの医療機関に採用されるようになった。

現在では、医療ミュニケーションで広く推奨されている。たとえば、英国ロンドンの王立内科医協会(RCP)は、重病または悪化のリスクがある患者を治療する際に、医療チーム間でケアを引き継ぐ際にSBARを使用することを推奨している。

 

関連セミナーはこちら

 

 

クイズの執筆・監修について

執筆・監修に関してはこちら

 

 

 


 

CaringのSNS公式アカウントで、研修会や医療に関わるNewsなどの情報を公開中。