6月5日 看護師カレンダークイズ 解答

 
クイズ内容 選択的セロトニン再取り込み阻害薬の主な副作用は何か?
解答 吐き気、嘔吐、下痢、便秘等の消化器症状。眠気、めまい、頭痛等の精神神経系症状
解説
【消化器症状】
吐き気、嘔吐、便秘、下痢、食欲不振、口渇などの症状があらわれる場合がある。症状は服用初期にあらわれることが多いが、2〜3週間前後で軽減、消失する傾向にあるとされる。【精神神経系症状】
眠気、めまい、ふらつき、頭痛、不随意運動などの症状があらわれる場合がある。自動車の運転など危険を伴う機械の作業は控える。

【セロトニン症候群】
頻度は非常に稀とされるが不安、焦燥感、混乱するなどの症状があらわれる場合がある。これらの症状に加え、興奮、手足や眼が勝手に動く、震え、体が固くなる、発汗、発熱、下痢、頻脈などがみられる場合がある。

【性機能障害】
頻度は稀であるが勃起障害、射精障害などの性機能異常があらわれる。

 

 

関連セミナーはこちら

 

 

クイズの執筆・監修について

執筆・監修に関してはこちら

 

 

 


 

CaringのSNS公式アカウントで、研修会や医療に関わるNewsなどの情報を公開中。