5月23日 看護師カレンダークイズ 解答

 
クイズ内容 前頭側頭葉変性症の主な症状は何か?
解答 行動障害・言語障害・意味記憶障害
解説
【行動障害】
・常同行動:毎日決まったコースを散歩する常同的周遊(周徊)や同じ時間に同じ行為を毎日行う時刻表的生活が認められる。
・脱抑制・反社会的行動:礼節や社会通念が欠如し、他の人からどう思われるかを気にしなくなり、自己本位的な行動(我が道を行く行動)や万引きや盗食などの反社会的行動を呈する。
・注意の転導性の亢進:一つの行為を持続して続けることができない注意障害がみられる。
・被影響性の亢進:外的刺激に対して反射的に反応し、模倣行動や強迫的言語応答がみられる。
・食行動変化:過食となり、濃厚な味付けや甘い物を好むような嗜好の変化がみられる。
・自発性の低下:自己や周囲に対しても無関心になり、自発性が低下する。
・共感や感情移入が困難となる。【言語障害】
・発語量が減少し、失文法や失構音、失名辞などの運動性失語が潜行性に出現し、発話が努力様で発話開始が困難となり、会話のリズムとアクセントが障害される言語障害は進行性非流暢性失語にて見られる症状であるが、(行動異常型)前頭側頭型認知症においても認められることがある。

【意味記憶障害】
・意味記憶障害:相貌や物品などの同定障害がみられる。
・意味性失語:言葉の意味の理解や物の名前などの知識が選択的に失われる語義失語が出現する。語義失語では、単語レベルでは復唱も良好であるが、物の名前が言えない語想起障害や複数の物品から指示された物を指すことができない再認障害がみられる。

 

関連セミナーはこちら

 

 

クイズの執筆・監修について

執筆・監修に関してはこちら

 

 

 


 

CaringのSNS公式アカウントで、研修会や医療に関わるNewsなどの情報を公開中。