4月30日 看護師カレンダークイズ 解答

 
クイズ内容 脊髄小脳変性症の主な症状は何か?
解答 小脳性運動失調
解説
小脳性運動失調とは複数の筋肉をバランスよく協調させて動かすことができなくなることで、具体的には箸を使う、字を書くなどの細かい動きがしにくい、ふらついて歩きにくい、呂律が回らず言葉が滑らかに出ない、などの症状が出る。

その他に出やすい症状として、排尿障害や便秘などの自律神経障害があげられる。また病気の期間が長くなると、食事がのみこみにくくなる嚥下障害を認めることがある。

小脳を中心とした神経の変性によって生じる疾患を総称して脊髄小脳変性症(SCD)と呼ぶ。

【病型】
皮質性小脳萎縮症 CCA
脊髄小脳失調症1型 SCA1
脊髄小脳失調症2型 SCA2
脊髄小脳失調症3型 SCA3
脊髄小脳失調症6型 SCA6
脊髄小脳失調症31型 SCA31
歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症 DRPLA など

 

関連セミナーはこちら

 

 

クイズの執筆・監修について

執筆・監修に関してはこちら

 

 

 


 

CaringのSNS公式アカウントで、研修会や医療に関わるNewsなどの情報を公開中。