3月18日 看護師カレンダークイズ 解答

 
クイズ内容 解離性同一症とは何か?
解答 交代して現れる複数のパーソナリティ状態を特徴とする解離症の一種(かつては多重人格障害と呼ばれていたもの)
解説
病因
解離性同一症では,小児期の慢性的な重度の虐待やネグレクト、重大な早期の喪失(親の死など)、重篤な身体疾患、他の圧倒的にストレスの強い出来事を経験している患者に生じる。

症状
解離性健忘
・過去の個人的出来事に関する記憶の空白
・信頼できる記憶の欠落(例:コンピュータの使い方などのよく習得された技能)
・自分が行ったがその記憶がない行為を示す証拠の発見

多重人格
憑依型
憑依型では,多重人格が家族や関係者に容易に気づかれる。患者は他の人物または存在に乗っ取られたかのように,普段と明らかに異なる話し方でしゃべり,普段と異なる行動をする。新たな人格は,他の人物である場合もあれば,超自然的な存在(神)である場合もあり,過去の行為に対する罰を求めてくることがある。

非憑依型
非憑依型では,別の人格が周囲の人間にとって明らかではないことが多い。代わりに,患者自身が離人感を体験する。

 

関連セミナーはこちら

 

 

 

クイズの執筆・監修について

執筆・監修に関してはこちら

 

 

 


 

CaringのSNS公式アカウントで、研修会や医療に関わるNewsなどの情報を公開中。