2月5日 看護師カレンダークイズ 解答

 
クイズ内容 IAD(失禁関連皮膚炎)予防のスキンケアは何?
解答 洗浄・保湿・保護
解説
洗浄
1日1回は洗浄剤を用いて陰部・殿部の洗浄を行う。その際、摩擦は禁物で浸軟してバリア機能が低下した肌を擦ると、それだけでIADリスクは高まる。
洗い流したあとは、丁寧な押さえ拭きをする。特に鼠径部や臀裂部は蒸れやすく水分が残ると、カンジダ症などの真菌感染が起こりやすくなるので、しわの間も丁寧に伸ばし拭く。
拭きとりには、ソフトで吸水性が高い使い捨てタイプの製品が適している。洗いざらしたタオルは物理的刺激が強く、感染面でも不安が残るので極力避ける。
また清拭はおむつ交換ごとに行い、柔らかく摩擦抵抗の少ないおしり拭きなどを用い、擦らずやさしく拭きとる。

保湿
保湿は洗浄とセットで行うのがベストである。洗浄後は浸軟した状態でもあり、浸透・吸収力が高まっているので、保湿に最適なタイミングである。
手早く、まんべんなく保湿ケアを行うことが理想であり、保湿剤はのびがよく、さっと肌表面に広がる水溶性のものが適している。

保護
便が皮膚に付着し汚染することや、皮膚の水分蒸散を防ぐため皮膚表面をバリアする保護剤の塗布も重要である。特に軟便・水様便などのIADリスクの高い方には欠かせない

 

 

関連セミナーはこちら

 

 

 

クイズの執筆・監修について

執筆・監修に関してはこちら

 

 

 


 

CaringのSNS公式アカウントで、研修会や医療に関わるNewsなどの情報を公開中。