12月14日 看護師カレンダークイズ 解答

 
クイズ内容 血液培養の検体は、嫌気・好気ボトルのどちらから入れる?
解答 嫌気ボトル→好気ボトル
解説
嫌気用ボトル(オレンジキャップ)は酸素が嫌いな細菌用。バクテロイデス・腸内細菌・ブドウ球菌・連鎖球菌などが発育できる。

好気用ボトル(青キャップ)は酸素が好きな細菌用。バシルス・緑膿菌・腸内細菌・コリネバクテリウム・ブドウ球菌・連鎖球菌などが発育できる。

採血後嫌気用と好気用の2つのボトルに分注することになるが、採血後の注射器には空気だまりがあるので、この空気を嫌気ボトルに注入すると嫌気状態が不十分となるため注意が必要である。注射器をたてて空気だまりを注射器の上部に移動させ、そのまま嫌気ボトルに最初に穿刺し注入する。こうすることで、空気だまりを嫌気用のボトルに注入することが防止できる。

 

関連セミナーはこちら

 

 

 

クイズの執筆・監修について

執筆・監修に関してはこちら

 

 

 


 

CaringのSNS公式アカウントで、研修会や医療に関わるNewsなどの情報を公開中。