6月24日 看護師カレンダークイズ 解答

 
クイズ内容
PTGBDが適応になる主な疾患は何か
解答 急性胆嚢炎など
解説
PTGBDは、主に急性胆嚢炎を発症した患者が適応とる。その他に総胆管下部の閉塞による黄疸に対して行われることもある。

急性胆嚢炎は患者の90%以上に胆石症がみられ、胆嚢で出来た胆嚢結石が胆嚢と胆管を繋ぐ胆嚢管で詰まることで、胆汁が胆嚢内で停滞し、細菌感染・繁殖・炎症から胆嚢炎が引き起こされると考えられている。

PTGBDでは胆嚢内で停滞・貯留した胆汁を体外に排出させるために、超音波画像を見ながら穿刺針を右側腹部から、皮膚・肝臓を経て肝臓の内側にある胆嚢まで刺し、チューブを留置して胆嚢内に滞った胆汁を吸い出す。

 

関連セミナーはこちら

 

 

クイズの執筆・監修について

執筆・監修に関してはこちら

 

 

 


 

CaringのSNS公式アカウントで、研修会や医療に関わるNewsなどの情報を公開中。