5月10日 看護師カレンダークイズ 解答

 
クイズ内容
急性心不全患者の心臓の負担を減らす体位は
解答 急性単純性膀胱炎(閉経前)はセフェム系薬、高齢女性(閉経後)はセフェム系薬またはBLI配合ペニシリン系薬
解説
起坐位では肺血流量が減少し肺うっ血が改善する。

急性心不全の患者は自らこの姿勢を取ることが多い。

ファーラー位は上半身を45度~60度起こした体位であり半坐位とも呼ばれる。

肺血流量が減少し肺うっ血が改善する。

 

関連セミナーはこちら

 

 

クイズの執筆・監修について

執筆・監修に関してはこちら

 

 

 


 

CaringのSNS公式アカウントで、研修会や医療に関わるNewsなどの情報を公開中。