11月22日 看護師カレンダークイズ 解答

 
クイズ内容 破傷風の主な症状は何か?
解答 開口障害、嚥下障害、首筋の筋肉が張る、破傷風顔貌、強直性痙攣など
解説  

破傷風菌の芽胞は通常、汚染創から体内に侵入する。

破傷風は、破傷風菌が溶解したときに産生される外毒素によって引き起こされる。この毒素は末梢神経終末に侵入して不可逆的に結合し、軸索とシナプスに沿って逆行し、最終的に中枢神経系に侵入する。

その結果、神経終末からの抑制性伝達物質の放出が遮断され、アセチルコリンによる筋刺激に対する拮抗作用がなくなることで、全身の痙性が亢進し、通常は同時に間欠性の強直発作が起こる。

自律神経ニューロンの脱抑制と副腎カテコールアミン放出の制御喪失により、自律神経不安定状態と交感神経緊張状態が引き起こされる。

一度結合した毒素は中和できない。

ほとんどの場合破傷風は全身型となり、全身の骨格筋が侵される。

ただし、ときに破傷風は侵入口となった創傷付近の筋肉のみに限局することもある。

潜伏期間は2~50日(平均5~10日)である。

 

関連セミナーはこちら

 

 

クイズの執筆・監修について

執筆・監修に関してはこちら

 

 

 


 

CaringのSNS公式アカウントで、研修会や医療に関わるNewsなどの情報を公開中。