10月24日 看護師カレンダークイズ 解答

 
クイズ内容 横紋筋融解症で突然の心停止をきたす原因は何か?
解答 高カリウム血症・循環血液量減少にともなうショック
解説
横紋筋融解症は骨格筋細胞の壊死、融解により筋細胞内成分が血液中に流出した状態をいう。

この際、流出した大量のミオグロビンが尿細管を閉塞し、急性腎不全を併発することが多い。

また、循環血液量減少にともなうショックや、高カリウム血症により突然の心停止をきたす危険がある。

横紋筋融解症は外傷による筋区画症候群の他に、高脂血症治療薬やニューキノロン系薬剤による薬剤性のものなどが知られている。

低リン血症、低カリウム血症、糖尿病性ケトアシドーシスなどの代謝障害や、悪性症候群、悪性高熱症は、二次的に横紋筋融解症を発症する可能性がある。

自覚症状には四肢の脱力感、腫脹、しびれ、痛み、赤褐色尿(ミオグロビン尿)があり、これに腎不全症状として無尿、乏尿がみられることもある。

検査所見としては、高カリウム血症、高ミオグロビン血症、CPK等の筋逸脱酵素の急激な上昇が認められる。

早期大量輸液、高カリウム血症対策と尿アルカリ化、強制利尿が急性腎不全の治療およびその予防としておこなわれ、完成された腎不全に対しては血液浄化法をおこなう。
 

 

関連セミナーはこちら

 

 

クイズの執筆・監修について

執筆・監修に関してはこちら

 

 

 


 

CaringのSNS公式アカウントで、研修会や医療に関わるNewsなどの情報を公開中。