3月10日 看護師カレンダークイズ 解答

 
クイズ内容 マイコプラズマ肺炎の病原体は何か?
解答 マイコプラズマ・ニューモニアエ(Mycoplasma pneumoniae )
解説
自己増殖可能な最小の微生物で、生物学的には細菌に分類される。

他の細菌と異なり細胞壁を持たないので、多形態性を示し、ペニシリン、セフェムなどの細胞壁合成阻害の抗菌薬には感受性がない。
マイコプラズマ・ニューモニアエは熱に弱く、界面活性剤によっても失活する。

感染様式は感染患者からの飛沫感染と接触感染によるが、濃厚接触が必要と考えられており、地域での感染拡大の速度は遅い。
感染の拡大は通常閉鎖集団などではみられるが、学校などでの短時間での暴露による感染拡大の可能性は高くなく、友人間での濃厚接触によるものが重要とされている

 

 

関連セミナーはこちら

 

 

 

クイズの執筆・監修について

執筆・監修に関してはこちら

 

 

 


 

CaringのSNS公式アカウントで、研修会や医療に関わるNewsなどの情報を公開中。