9月6日 看護師カレンダークイズ 解答

 
クイズ内容 ショックの5兆候は何か?
解答 ・顔面蒼白(Pallor)
・虚脱(Prostration)
・冷汗(Perspiration)
・呼吸不全(Pulmonary insufficiency)
・脈拍触知不能(Pulseless)
解説  

何らかの原因により、重要臓器の血流が維持できなくなり、細胞の代謝障害や臓器障害が起こり生命の危機にいたる急性の症候群。

ショックは3段階に分けて考えられている。第1段階で異常に気づき、適切な治療・ケアをできるかが大きなポイントである。

  • 第1段階(プレショック):低血圧が代償されている時期
  • 第2段階:低血圧・尿量減少などの症状が認められても不可逆的な臓器不全がない時期
  • 第3段階:不可逆的なショック状態の時期

ショックの分類

  • 循環血液量減少性ショック(hypovolemic shock):出血、脱水、腹膜炎、熱傷など
  • 血液分布異常性ショック(distributive shock)アナフィラキシー、脊髄損傷、敗血症など
  • 心原性ショック(cardiogenic shock):心筋梗塞、弁膜症、重症不整脈、心筋症、心筋炎など
  • 心外閉塞・拘束性ショック(obstructive shock):肺塞栓、心タンポナーデ、緊張性気胸などである。

ショックの5徴候(5P)

ショックの際によくみられる症状のことをショックの5徴候といい、・顔面蒼白(Pallor)・虚脱(Prostration)・冷汗(Perspiration)・呼吸不全(Pulmonary insufficiency)・脈拍触知不能(Pulseless)がある。

関連セミナーはこちら

備えておけば怖くない、急変対応を学ぶ。

【オンライン】備えておけば怖くない、急変対応を学ぶ。

 

クイズの執筆・監修について

執筆・監修に関してはこちら

 

 

 


 

CaringのSNS公式アカウントで、研修会や医療に関わるNewsなどの情報を公開中。